性病(泌尿)や包茎の検査ができる病院検索なら「何でも相談くらべる君」:性感染症と包茎の関係

オヤっ?と思ったら即病院へ!なんでも相談くらべる君 性病:病院に特化したなんでも相談くらべる君
リンク プライバシーポリシー・免責事項 運営会社・お問合せ
性病科泌尿器科の検索はこちらから
病院・クリニック検索
なんでも相談くらべる君について
使い方
こんな方にオススメ
ご利用上の注意
性感染症について
性感染症とは
性感染症の症状
性感染症の対処方法
性感染症の予防方法
性感染症と包茎の関係
女性と性感染症
お金に困った時はキャッシングくらべる君お金に困った時はキャッシングくらべる君

性感染症には、ヘルペス・クラミジア・カンジダ・コンジローマ・HIVなど、ウイルスやカビ・微生物などが原因のものがあります。性病とは異なり、自覚症状無く、症状が分かりづらいので、パートナーに感染させてしまうことがあります。 性感染症に感染していまったら、一人で治療するのではなく、パートナーと一緒に治療をしましょう。 包茎の人は、亀頭と包皮の間に恥垢がたまり不衛生になりやすいので、包茎でない人に比べると、淋病やクラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、梅毒、エイズ等の性感染症や雑菌感染による包皮炎、亀頭炎にかかりやすいと言われています。包茎は早めに包茎手術できちんと治療することをおすすめします。

性感染症について
性感染症と包茎の関係
包茎の人は、亀頭と包皮の間に恥垢がたまり不衛生になりやすいので、包茎でない人に比べると、淋病やクラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、梅毒、エイズ等の性感染症や雑菌感染による包皮炎、亀頭炎にかかりやすいと言われています。また、感染症ではありませんが、包茎の人は亀頭周囲にフォアダイスと呼ばれるぶつぶつした突起が多発することがあり、外見が尖圭コンジロームと似ているために、除去を希望する人も多いようです。 どちらにしろ、包茎は早めに包茎手術できちんと治療することをおすすめします。

■包茎の種類
包茎には(1)真性包茎 (2)かんとん型包茎 (3)仮性包茎の3種類があります。亀頭の露出具合により分類をすれば、真性包茎は全く露出していない「不完全露出型」。かんとん型包茎と仮性包茎は、一部分だけが露出している「部分露出型」となります。

(1)真性包茎
亀頭が完全に包皮に覆われて、しかも包皮の穴が亀頭の大きさよりも小さいために、亀頭が全く露出しないタイプです。亀頭と包皮の間を清潔に保つことが困難で早期の手術が必要です。

(2)かんとん型包茎
真性包茎と仮性包茎の中間的な症状で、包皮口に十分な広さがないために、ムリに亀頭を露出させると締め付けを起こす危険があります。最悪の場合には亀頭部分に血液が流れずに腐ってしまうこともあります。この場合も早期に手術が必要です。

(3)仮性包茎
普段亀頭は包皮に覆われていますが、引っ張ると比較的簡単に亀頭を露出させることができます。性行為にも支障がありません。仮性包茎は、かんとん型包茎に近いものなど見分け方が難しいのが特徴です。手術が必要なケースとそうでないケースがあります。

■どこで治療すればよいのか
【泌尿器科】
一般的な治療を受けられます。どこの泌尿器科にもたいがい泌尿器科専門医または泌尿器科指導医がおり、その医院・病院で手術を受けるか他の病院を紹介してくれるはずです。美容形成外科のように手術の日程や時間について融通は利きにくいかもしれません。費用は¥80,000〜¥120,000が一般的です。大事なところの手術でので、誤解のないようによく話を聞いて納得してから手術を受けましょう。

【クリニック・美容形成外科】
良いクリニックを選ぶことが重要なポイントになります。選択のポイントは、「実績」、「無料カウンセリング」をしてくれるか、どのような「手術方法」を用いて施術しているか、などです。包茎治療は一生に一度の大事な手術ですので、信頼できる安全な病院を選んでください。

検査を定期的に受ける
定期的に検査を受けることをお勧めします。特にセックスの機会が多い人は必ず検査を受けるようにしましょう。
病院・クリニックの検索はこちらから
▲ページのトップに戻る
Copyright(C) 2011 seibyo-doctor.com. All Rights Reserved.
何でも相談くらべる君は性病・性感染症や包茎専門の病院検索サイトです。