性病(泌尿)や包茎の検査ができる病院検索なら「何でも相談くらべる君」:性感染症の予防方法

オヤっ?と思ったら即病院へ!なんでも相談くらべる君 性病:病院に特化したなんでも相談くらべる君
リンク プライバシーポリシー・免責事項 運営会社・お問合せ
性病科泌尿器科の検索はこちらから
病院・クリニック検索
なんでも相談くらべる君について
使い方
こんな方にオススメ
ご利用上の注意
性感染症について
性感染症とは
性感染症の症状
性感染症の対処方法
性感染症の予防方法
性感染症と包茎の関係
女性と性感染症
お金に困った時はキャッシングくらべる君お金に困った時はキャッシングくらべる君

性感染症には、ヘルペス・クラミジア・カンジダ・コンジローマ・HIVなど、ウイルスやカビ・微生物などが原因のものがあります。性病とは異なり、自覚症状無く、症状が分かりづらいので、パートナーに感染させてしまうことがあります。 性感染症に感染していまったら、一人で治療するのではなく、パートナーと一緒に治療をしましょう。 包茎の人は、亀頭と包皮の間に恥垢がたまり不衛生になりやすいので、包茎でない人に比べると、淋病やクラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、梅毒、エイズ等の性感染症や雑菌感染による包皮炎、亀頭炎にかかりやすいと言われています。包茎は早めに包茎手術できちんと治療することをおすすめします。

性感染症について
性感染症の予防方法
SafeSexのすすめ
性感染症にかからない最善の方法は性行為をしないことが確実です。ですが、性行為をしないということは難しいことです。そこでセーフセックスを意識し、性感染症にかかるリスクを低減しましょう。
<不特定多数の人とセックスしない>
性感染症は自覚症状のない場合も多く、不特定多数とのセックスは感染の可能性が高くなります。また、不特定多数とのセックスは感染した場合は感染相手を特定することが難しいので、再感染する可能性もあります。

<コンドームを必ず使用する>
コンドームの使用が一番現実的な感染予防方法です。が、コンドームで予防できない性感染症もあるので100%確実ではありませんし、正しい方法で使用しないと感染する可能性があります。オーラルセックスやアナルセックスの場合でもコンドームを使用することをお勧めします。

<カラダを清潔にしてセックスをする>
性器や皮膚、口の中など、人の体には性感染症の原因になる様々な病原菌が付着しています。ですので、カラダを清潔にすることが大事です。また、寝具を清潔にすることも必須です。不潔な寝具には、感染源となる病原虫がいる可能性があります。

<排尿、排便をすませてからセックスをする>
便の中のウイルスが口から感染する場合がありますので、すっきり排便して肛門付近を清潔にしましょう。セックス直後の排尿もお勧めです。病原菌を洗い流すことが感染予防につながります。

<相手の性器を確認する>
男性の場合、尿道からの膿や性器のイボやブツブツ、尿道口の色が赤いなどの症状、女性の場合は性器のイボやブツブツ、悪臭などの症状があれば性感染症の疑いがあります。陰毛周辺が痒そうで、頻繁にかいている場合や下着に膿やおりものが付着してゴアゴア状態になっている場合も要注意です。

<性器を傷つけない>
のびた爪や道具の使用は性器の粘膜を傷つける原因になります。そこから病原菌が侵入したり、血液を通して感染する可能性が高くなります。道具を使用する場合は、コンドームをかぶせるなど注意が必要です。

<体調不良時にセックスをしない>
疲れがたまっている時や病気などで抵抗力が低下している場合は、感染する可能性が高くなります。また、疲労時のセックスが引き金になって、症状の出ていない性感染症が発症(症状が出る)する場合があります。 また、生理中のセックスも控えてください。生理中の女性性器はで傷つきやすく、傷口からの感染の可能性が高くなります。出血した血液から感染する可能性もあります。

<屋外でのセックスはしない>
屋外は衛生状態が悪く、細菌やウイルスに感染しやすくなります。指や爪が汚れたままでの性行為は、感染の可能性が高くなります。
検査を定期的に受けましょう
定期的に検査を受けることをお勧めします。特にセックスの機会が多い人は必ず検査を受けるようにしましょう。
病院・クリニックの検索はこちらから
▲ページのトップに戻る
Copyright(C) 2011 seibyo-doctor.com. All Rights Reserved.
何でも相談くらべる君は性病・性感染症や包茎専門の病院検索サイトです。